Daily traceman の蔵

<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2週間つづけて

旅行にいってきました。
先々週は三重県の伊勢、先日は有馬温泉。
財布がもちません。
写真は後日か別途ブログ「MST」にて更新したいかと思います。

最近少しずつ暖かくなってきたかと思えばまた寒くなりましたね。
それでも西日本ではフキノトウが収穫できたとか。
子供のころ2月にはフキノトウを見つけていたはずですので、家のまわりを探したら多分見つかるかもしれません。
寒くなっても春はすぐそこですね。
待ち切れず春に発生する種の写真を一つ。
トラフシジミ Rapala arata (Bremer)
d0190328_0172411.jpg

私の好きなゼフィルスと良く似ていますが、族が違い普通種です。
一般的には山中にいますが、人里にも飛んでいることがあります。
普通のシジミチョウよりも一回り大きく俊敏に飛翔するので、唐突に飛んでこられると「何もんじゃお前は!!」ってなります。
裏翅の斑紋がきれいですね、裏翅だけならゼフィルスよりきれいな気がする・・・



「2週間つづけて」よかったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by 55_daily_traceman | 2012-02-28 00:27 | シジミチョウ科

スマートフォン

何やら最近暖かくなりはじめましたね。
長野県でも今日氷点下になったのは軽井沢くらいだとか。
なるほど、いよいよ春到来の予兆が・・・

どうもDaily tracemanです。
スマートフォンに変えてからはや1カ月ほどたちました。
今、家計簿アプリにはまっています。
以前家計簿帳でやっていたのですが、だいぶ大変だったことからせっかくスマートフォンにしたことですしアプリでやってみることにしたのですが、正直、”楽”です!
これいいわ~
しっかり貯金していきたいと思います。

今日の写真はヒメシジミです。
一度長野県外に住んでいたことがあったのですが、めったにヒメシジミを見ることはありませんでした。
長野県では普通種のごとくそこらじゅうに飛んでいて一つの花にありがたみのかけらもないくらい群がっていましたが、なかなか貴重な環境なんですね。


ヒメシジミ Plebejus argus (Linnaeus)
d0190328_222825.jpg




「スマートフォン」よかったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by 55_daily_traceman | 2012-02-24 02:03 | シジミチョウ科

スノーモンキー

要望がありましたので猿の写真を投稿。
昨年に引き続き少し前に地獄谷に行ってまいりました。
毎年冬場の猿は寒い環境のせいかものすごく気持ちよさそうに温泉につかっています。
そんな猿の表情を写そうと我先にとシャッターを押す観光客。
無論私も・・・
しかし、温泉の湯気は一眼レフへ予想以上のダメージを負わせることが発覚。
「レンズが曇って何も見えん」
仕方ないので周辺を歩行していた猿を手当たり次第撮影。
その中の一枚。

「威風堂々」
d0190328_23385462.jpg




「スノーモンキー」よかったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by 55_daily_traceman | 2012-02-13 23:41 | Photo Diary

似た者同士

エルタテハ Nymphalis vaualbum samurai (Fruhstorfer)
d0190328_19285349.jpg

一昨年はあたり年だったのか、エルタテハをよく見ることがありました。
キタテハ Polygonia c-aureum (Linnaeus)とシータテハ Polygonia c-album hamigera (Butler)とは違い、だいぶ珍品です。
さすが長野、こんなのがざらに飛んでるとは・・・
西日本の大学を卒業しUターンしてきた私は、山にいくたびに長野の環境の良さにゲップがでそうです。

キタテハ、シータテハ、エルタテハはだいぶ姿形がにていて、慣れた人でないと以外と判別がつきにくい。
名前のなかに「シー(C)」や「エル(L)]が入っているのは、翅の裏に本当に「C」や「L」の白い文字のような模様があるから。
エルタテハ
d0190328_2063642.jpg

参照
シータテハのページ
正直なとろこ、どちらも「C」といえば「C」に見えるし、「L」と言えば「L」に見える。
しかし、エルタテハの同定は簡単。
4枚の表翅の上部それぞれに白い点の模様があるのがエルタテハの特徴。
翅をぱっと広げた瞬間、「えっ!!星4つ!?」と思ってしまうくらい特徴的。
敏感な上、俊敏なエルタテハ、写真が撮れただけでも満足満足。
平成22年9月7日のことでした。


「似た者同士」よかったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by 55_daily_traceman | 2012-02-10 20:12 | タテハチョウ科

我が家の冬

雨でだいぶ雪がとけましたね。
なんだか春に向かっている感じがします。
しかし、また寒気が近づいているみたいで極寒に逆戻り。
まだまだ冬の終わりが見えません。
先日のことですが、我が家の周りもだいぶ雪が積もりました。
d0190328_11513275.jpg


母が好んで山野草や樹木を庭に植えるため、我が家の周りは春夏秋冬季節を楽しむことができます。
ありがたやありがたや。
d0190328_1152343.jpg


そういえば、NikonからついにD800,D800E,P310が発表されましたね。
NikonホームページD800
NikonホームページP310
3600万画素って、噂にはきいていたけど本当に出てしまったんですね、すさまじい。
購入した際にはパソコン等も買い替えないとパンク間違いなしではないでしょうか・・・
さすがに画像素子を高くした分連射機能が前回のD700の秒5コマに対してD800は秒4コマと遅くなっていますね。
うーむ・・・
P310は前機のP300とほぼ変わらない様子で。
おっとっと、余談でした。




「我が家の冬」よかったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by 55_daily_traceman | 2012-02-08 22:33 | Photo Diary

最近きがついたこと

オオゴマシジミ Maculinea arionides takamukui (Matsumura)
d0190328_23191730.jpg


蝶の写真を整理しつつの更新をしておりましたら、気がついたことが一つ。
どうやら蝶の中でもシジミチョウ族の写真が8割をしめていそうな感じです。
とくに意識していたわけではありませんが、思い返してみれば確かにシジミチョウばかり撮っていました。
そんな私の写真は今回もシジミチョウ。

広角接写にハマりだしたころの写真です。
広角接写は背景を広くクッキリとることで、被写体の今いる環境や雰囲気を伝えるにはもってこいの手法です。
広角レンズといえばとても高価で接近しても30cmほどが限度でしたが、実はコンパクトデジカメは広角接写でマクロモードで5cmまで接写が可能。ものによっては1cmまでよれます。
へたに高価なレンズを買うよりよっぽど安価でよいものが手に入ります。
コンデジで広角接写、おすすめです。



参加してます。
よければクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by 55_daily_traceman | 2012-02-06 23:38 | シジミチョウ科

ヤマトシジミ

ヤマトシジミ Pseudozizeeria maha (Kollar)
d0190328_21501754.jpg

ヤマトシジミ、鋭い眼光。
何をみつめてるのかな?
・・・私か!

マクロレンズを使うといつも面白い場面に出会います。



参加してます。
よければクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by 55_daily_traceman | 2012-02-04 22:12 | シジミチョウ科