Daily traceman の蔵

カテゴリ:蝶との出会い( 1 )

蝶との出会い

そもそも私がなぜ蝶の写真を撮り始めたかといいますと、父の影響がとても大きいです。
私の幼いころは丁度ファミコンやスーパーファミコンが登場した世代ですが、どういったわけか私の家にはテレビゲームという概念がありませんでした。
その代わり父が小さな私に私の身長の1.5倍はあろうかという虫網を持たせ、昼間は蝶、夜はカブトムシの採集に明け暮れました。
中学に進学すると、周りの友人はプレイステーションなど近代玩具を買ってもらっていましたが私の場合はNikon F60というフィルムカメラでした。
そんな父の熱心な教育を気がつかぬうちに受けていわけですが、当時の私には蝶は好きというわけではなく日常の「当たり前」という存在になっていました。
蝶にようやく関心を持ちはじめたのは大学生の時。
私は動物生態学を専攻していたわけですが、どういったわけか動物生態学研究室とは名ばかりで本性は”昆虫生態学研究室”でした。
今まで接してはきた蝶ですが、この時初めて”蝶の生態”に触れる機会ができたわけです。
そこで蝶のことを詳しく知っていくにつれ、私の出身地である信州は蝶、特に高山蝶のメッカであることを大学生になって初めて知りました。
地元に戻ってきた後の私は言うまでもありません。
父の思惑通りに育った私は今年も蝶の写真を撮りに行きます。

クモマツマキチョウ Anthocharis cardamines
d0190328_1481261.jpg


参加しています。
よければクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by 55_daily_traceman | 2012-01-23 00:46 | 蝶との出会い